栄養の基本!5大栄養素について

5大栄養素について

 

こんにちは。

FIT FIELDの上野です。

 

今日は栄養素の基本的なことについて書いていこうと思います。

食べることは生きること。

かの有名なワンピースの作中でも、元七武海海峡のジンベエ氏もこう言っています。

人が活動するうえで必要なエネルギーや体を作っている筋肉、内臓、骨などの組織も食事からとれる栄養素によって作られています。

 

5大栄養素とは

 

タンパク質

脂質

糖質

ビタミン

ミネラル

 

これらを総称して5大栄養素と呼びます。

これらは大きく分けて3つの役割に分類することができます。

 

体を作る成分

タンパク質

 

エネルギーになる成分

糖質

脂質

 

体の調子を整える成分

ビタミン

ミネラル

 

体を作る

タンパク質は体を作る筋肉、内臓、皮膚、血液などの体の主要な構成成分です。

タンぱぅしつを構成するアミノ酸は20種類あり、そのうち9種類は体では作ることができないため、必須アミノ酸と呼ばれています。

必須アミノ酸は食事から補うしかないので、食事がいかに大切かわかりますね。

 

エネルギーになる

脂質や糖質は摂りすぎると肥満につながりますが、なくては体を動かすエネルギーがなくなってしまいます。

脂質は1gあたり9kcalと効率のいいエネルギーです。

糖質は体を動かすためのエネルギー源となり、肝臓と筋肉にグリコーゲンとして蓄えられます。また、糖は脳のエネルギーにもなります。

 

体の調子を整える

ビタミン、ミネラルはエネルギーにはなりませんが、たんぱく質、脂質、糖質の分解や合成を助けます(糖質や脂質をエネルギーへと変換したり、たんぱく質を筋肉の材料にしたりします)。

ビタミンは体内でほとんど合成できないので、食事から摂取する必要があります。

脂溶性と水溶性の2つに分けられます。

脂溶性ビタミン(A,D,E,K)は油脂に溶けやすく、大量に摂取すると過剰症になる可能性があります。一方、水溶性ビタミンは水に溶けやすいため過剰症の心配がほとんどありません。

ミネラルは無機質とも言い、ヒトの体を構成する元素から酸素・炭素・水素・窒素を除いたものの総称です。人の体に必要なミネラルはカルシウム、鉄、ナトリウムなど16種類あり、野菜、果物、海藻類、乳・乳製品に多く含まれます。

これらの栄養素をバランスよくとってあげることが、健康的にダイエットを進めていく基本になります!

まずは現状の把握をしてみて、食べ過ぎていないか、逆に食べなさすぎではないかをチェックしてみましょう。

自分の生活習慣を見直すことが、理想の体への第一歩です!

CONTACT

ご予約は営業時間外でも承っておりますので、
ご都合の良い時間でご予約ください。
また、電話に出られない場合がございますので、
お手数ですが、ご予約はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

TEL 090-1585-1290

営業時間 9:00~21:00 定休日 不定休
※時間外でもお受けします。

お問い合わせフォーム