40代から始めるアンチエイジング

AGEsは糖質制限で予防する!

 

体を老化させる原因は糖質にある!

これまで体を老化させる原因として考えられていたのは、酸化でした。

体内で発生した活性酸素が、細胞にダメージを与えて老化を進行させると言われてきました。

近年、研究によって、老化を加速させる原因がわかってきました。それが、糖化です。

糖化とは、体内のたんぱく質がブドウ糖と結びついて変性し劣化すること。

糖化によって体内に発生する物質をAGEsと言い、

日本語では終末糖化産物と訳され、この反応を糖化反応と言います。

 

AGEsが蓄積すると、肌のシミやしわなど目に見える老化をはじめとして、がん、

動脈硬化、白内障、骨粗しょう症、アルツハイマー病など病気のリスクが高まります。

糖化は老化だけでなく、病気を引き起こす大きな原因ともなってしまうのです。

 

AGEsが発生するメカニズム

AGEsはどのようにして蓄積されるのでしょうか?

それには2つの仕組みがあります。

1つは体内で作られる場合

人間の体の大部分はたんぱく質を材料にして作られます。

糖質の過剰な摂取により、血中にある糖が過剰になると、

体内のたんぱく質と結びつき、体温によって温められAGEsが発生します。

 

2つ目は食べ物から体内に入る場合

ホットケーキを例にするとわかりやすいです。

ホットケーキは小麦粉(糖質)と牛乳や卵(たんぱく質)を混ぜて熱を加えて作ります。

出来上がったホットケーキのこんがりと焼き色がついている部分が、まさにAGEsです。

加熱により焼き目がついた食品にAGEsは多く含まれていると言われています。

 

糖質制限でAGEsを抑制しよう!

このように糖化反応は体内でも体外でも日常的に起こるもの。

蓄積されたAGEsは、一度作られてしまうと、二度と元に戻ることはありません。

ただし、食品に含まれているものはあまり問題にならない可能性が高いです。

すでにたんぱく質と結びついているため、体内のたんぱく質とは結び付かないと考えられるからです。

問題なのは、体内で作られ蓄積されるAGEsです。こちらは老化を加速させる元凶です。

この発生を抑制するためには、体内で糖質が溢れないようにすることが重要になりますので、糖質制限が効果てきめんです。

ダイエットを行いながら、アンチエイジングもできてしまうので、やらない手はありませんね!

CONTACT

ご予約は営業時間外でも承っておりますので、
ご都合の良い時間でご予約ください。
また、電話に出られない場合がございますので、
お手数ですが、ご予約はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

TEL 090-1585-1290

営業時間 9:00~21:00 定休日 不定休
※時間外でもお受けします。

お問い合わせフォーム