40代から始めるアンチエイジング⑤

ベジファーストー中年太りを防ぐ方法

 

食べる順番は野菜から食べる。

糖尿病や中年太りを防ぎ、健康生活を送るための最も簡単で、

効果のある食べ方と言えるでしょう。

野菜から食べる食べ方であれば、血糖値の上昇を緩やかにできます。

 

食物繊維には、糖を吸着する働きがあります。

体が必要とする以上の糖は食物繊維に吸着され、便となって排泄されます。

脂肪を吸着する作用もあり、主催の肉などの脂肪の吸収を抑えます。

それに、副菜や主催で満腹感が早く得られるため、食べ過ぎの防止にもなります。

 

ご飯を食べるまで、できるだけ間を置くことも大切です。

ご飯は糖のかたまりのような食材です。

いきなりご飯から食べ始めると、血糖値は急激に上がってしまいます。

 

血糖値の急上昇は、膵臓からのインスリンの大量分泌を促します。

習慣化すると、膵臓が疲弊します。疲れ切った膵臓は働きが低下しますから、

インスリンの分泌力も減退して、糖尿病のリスクをどんどん高めてしまいます。

 

今すぐベジファーストを実践してみてください。

1ヶ月も継続すれば、体脂肪の減少、血糖値の低下が明らかに見られます。

 

野菜を先に食べる

カボチャや根菜類など糖質の多い野菜は後回し。砂糖やみりんを使った料理も後にしましょう。

 

一回の食事に最低20分はかける

脳の満腹中枢に信号が送られるまで、およそ20分かかるため

 

よく噛んで食べる

消化が良くなり、食欲の抑制、血糖値の急上昇を防ぐことができます。

CONTACT

ご予約は営業時間外でも承っておりますので、
ご都合の良い時間でご予約ください。
また、電話に出られない場合がございますので、
お手数ですが、ご予約はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

TEL 090-1585-1290

営業時間 9:00~21:00 定休日 不定休
※時間外でもお受けします。

お問い合わせフォーム